Skip to content

悪徳な展示会業者の特徴とは?

イベントを成功させるためは、良いサポートを提供してくれる会社にお願いすることが大切です。

多くの会社では良心的な対応をしてくれますし、真剣に取り組む姿勢を見せてくれますが、稀に悪徳業者もいますので、念のため注意をしておきたいポイントを確認しておきましょう。

 

見積書や費用面が曖昧なのは信用してはいけない

悪徳な展示会業者の特徴として、費用面が曖昧であることもひとつです。

事前の見積書を出すことはしても、詳細について触れることがありません。

また追加料金の発生の可能性があったとしても、そのことについての説明もしないため、後から金銭的なトラブルが発生をしやすいです。

出展をするためにはお金が必要になりますし、それは普段の消耗品を買うような安価な金額ではありません。

予算を決めてイベントに取り組むのですから、後から驚くほどの追加料金の発生があったのでは、結果的に予算オーバーになってしまいます。

お金のことは大変シビアであり、仕事として取り組むのですから、費用面に関して誤魔化すような業者に依頼をしてはいけません。

また追加料金の発生にしても、うっかりしていたなどの説明で納得ができるはずがないです。

最初に依頼をする見積書に関しては、詳細までしっかりと記載がされていること、また内容に関して担当者からの丁寧な説明もなくてはいけません。

普段からイベント開催を頻繁にする企業であればまだ経験がありますが、初めての出展であることや、自社の担当者が初めての任務であれば、なおのこと費用面には疎いですから、お金のことに曖昧なのは信用ができないです。

しかし信用のできる業者の場合は、決して費用面でわかりにくい部分を作りませんし、万が一にでも追加料金の発生の可能性がある時には、事前にきちんと説明をしてくれます。

 

仕事への真面目な取り組みと責任感は重要です

仕事に対しての責任感がないことは、悪徳な展示会業者の大きな特徴です。

現代は費用面の安さを売りにする会社や商品が数多くありますが、イベント会社に関しても例外ではありません。

費用面が安いのは利用者として助かりますが、やけに用が安すぎる時には注意が必要です。

ブースの設置に関してもスケジュールに関しても、一見するとできているように見えて、仕事がいい加減なケースもあるためであり、いい加減な設置は安全性に欠けてしまいます。

イベント当日はたくさんの来場者が訪れますが、その際に設置に不手際があったために、モニターが写らなかったり配線が上手くいっていなかったりしては台無しです。

利用をする照明器具などに関しても、依頼者の要望をくみ取って設置をしてくれなければ困りますし、なぜここにはこうした設置をするのかなど、質問にも明確に答えてくれなければ安心はできません。

臨機応変な対応力がなければ、何が起こるかわからないイベントですから、急な変更や修正に応えることもできないです。

どのような仕事に関しても責任感が重要であり、そのうえで顧客との信頼関係が築かれていきます。

ブースはたくさんの人が集結をするので、安全性を第一に考えなければなりませんし、不安定な設置では安全とは言えません。

責任を持って設置などすべての依頼業務を遂行してくれることは、プロの業者に対して求める大きな要素です。

その場だけのいい加減な仕事をして、アフターフォローもないような業者に依頼をしてはいけません。

 

不要なサービスを押し付けられたら要注意です

本来必要ではないようなサービスまで、言葉巧みに押し付けてくるような、悪徳なイベント会社に依頼をしてはいけません。

ただでさえイベントへの出展にはまとまったお金がかかるのに、その設置などを依頼する業者はオプションなどを付けることで、さらに高い収入を顧客から得ることになります。

しかし依頼者側にも予算がありますし、次から次へと言われるままに、追加でサービスやオプションを付けてしまうと、あっという間に予算オーバーです。

悪徳な会社ほど本当は不要なオプションを付けるように迫りますが、その手に乗ってはいけません。

また担当者が決まったとしても、メールや質問に対してのレスポンスが常に遅いのも信用はできません。

仕事はある意味でスピードも求められますので、顧客からの質問や要望に対してすぐに対応ができないような業者であれば、イベント開催が成功する可能性を下げてしまうだけです。

事前説明に不足があるのも良くないのは、サービス内容に関してしっかりとした説明がないと、後から何かとトラブルが発生をしやすいためであり、あらゆることを曖昧にしてはいけません。

悪徳な場合はプロとしての適切な意見に乏しいですが、優れた信頼のできるイベント会社の場合は、担当者が適切な提案をしてくれます。

信頼のできる会社ならサポート内容の詳細をわかりやすく事前に説明をしてきれますが、悪徳な会社の場合はこうした説明もありません。

 

優良な会社も多い中で、残念ながら悪徳な展示会業者もゼロというわけではありません。

本当に一部の心ない会社があるとしても、それに騙されないためにも、利用をする側は知識を付けて対処をする姿勢も必要になります。