Skip to content

展示会業者は窓口業務も依頼できる?

イベントの開催が決まったらあらゆる手配が必要になりますが、展示会業者は窓口業務も依頼できるのか、どこまでサポートをしてくれるのかは気になります。

丸投げ状態で任せることができれば、担当者も企業側としても便利ではありますが、何ができるかは依頼をする会社のタイプでも異なるため、業者選びの際にも注意をすることです。

 

あらゆる手配をしてくれる会社を選ぶことができます

蓋を開けてみると展示会業者と一口に言っても得意とする分野が異なりますので、会社ごとに強みを生かした契約でのサポートになります。

窓口業務も依頼できるかどうかに関しては、全く関与をすることはない会社のタイプもありますが、様々な手配を引き受けてくれる会社もあるので、どこまで仕事を引き受けてくれるかの事前確認は必要です。

イベント開催に向けてパートナー的な存在で力になってくれるのは、企画を得意とするプランニング会社であり、一緒に協力をして最高の催しにするために頑張ってくれます。

人目を惹くような展示会ブースを魅力的に仕上げる提案をはじめ、施工に至るまでの手配も引き受けてくれますが、プランニング会社の場合はここで終わることがありません。

顧客のニーズにどこまでも答えることを考えてくれます。

具体的な作業に入る前の企業としての企画をする段階から、すでに顧客とはタッグを組むパートナーとして頼りになる存在です。

まずは顧客の要望にしっかりと耳を傾けて、何を目的としての開催でどのようなことを達成したいのか、たくさんの集客をするために必要な手段は何かも考えてくれます。

その場だけのことではなく、長い目で見ての集客方法や来場者へのアプローチ、様々な販売促進の支援まで、あらゆる業務の提案や手配をしてくれる心強い存在です。

プランニング会社の強みはなんといっても企画などですから、施工などは外注になるのが一般的ですが、費用面は少し高くなっても満足度も高くなります。

 

ブースの施工を専門にする会社もあります

イベント系の会社であればどこに頼んでも、展示会業者として窓口業務も依頼できるわけではありません。

もちろんあらゆる手配を引き受けて、顧客の負担を楽にしてくれる会社もありますが、細かい手配は一切しない施工会社系もあります。

探してみるとたくさんヒットをするのも施工専門会社ですが、彼らはイベント開催時のブースを作り上げることを専門にしているので、ブースの装飾に関しては文句なしのプロフェッショナルです。

様々なイベントを成功させるブースを手掛けてきた実績があるだけに、顧客からの装飾などの要望にはしっかりと応えてくれます。

また施工を専門にしているだけに、自社工場をもつなどの徹底ぶりです。

これまでイベントへの参加をしたことのない企業や、初めて担当になる人にとっても、イベント会場を魅力あふれるものにするために、施工専門会社は期待に答える存在と言えます。

使用をする材料なども全て倉庫にもっている会社ですから、できるだけイベントのコスト面を抑えたい会社や担当者にとっても、費用面を安くできるのは大きな収穫です。

受付などあらゆる細かい手配をすることはできないものの、ブースの設置や設営に関しては得意分野ですから、急ぎの時でもスピーディーな対応になります。

あまり開催まで時間のないイベントだとしても、何度も場数を踏んでいる施工専門会社に依頼をすると、問題なく会場を作り上げてくれるので、急ぎの時にも頼りになる存在です。

 

宣伝広告を得意としている会社もあります

展示会業者選びをする際に広告代理店に依頼をすることもできますが、彼らはあらゆる業者とのパートナー関係です。

様々なイベントでの業務の手配にも応じていますが、窓口業務の手配が可能かは依頼をする会社によります。

広告代理店ですから基本的に広告を打ち出すことを得意としていますので、ブースの施工に関してやデザイン関連などは全て外注です。

ただし複雑なイベント開催も多い中で、広告代理店の場合は幅広く手配をしたり力になってくれるのでかなり頼りになります。

対応のできる範囲は広い半面で、だからこそコスト面は格安ではなく高めの設定です。

あまり小さすぎる仕事ではなく、比較的大きな規模のイベントなどでは利用をされやすいタイプでもあります。

何よりも広告に関してがプロですから、これまでの広告を打ち出す知識と実績は、他のタイプのイベント系会社に負けることがありません。

あまり窓口の手配などを期待できないのはデザイン事務所会社系ですが、イベントブースのデザインにこだわりたいなら選ばない手はありません。

あらゆるタイプの会社と比べてみても、得意なのがデザインですから、ブースのビジュアルを最高のものとしたいならデザイン事務所会社がぴったりです。

デザインといっても空間デザインが得意なこともあればグラフィックデザインを強みとしていることもあります。

人が集まるブースにするために建築の観点は重要であり、それに応えられるデザインを提案してくれるかも選択時のポイントです。

 

どのタイプの展示会業者への依頼をするかにより、窓口業務まで手配をしてもらえるかは違いますので、事前の確認をすることは欠かせません。

イベント開催時には企業として何にこだわりたいのか、目的を考えての依頼をすることです。