Skip to content

展示会業者に依頼する際に必要な書類は?

インターネットが身近になり商品やサービスのマーケティングに関しても、インターネットを使って行うことが主流となっています。

しかしそんな今の時代でも昔ながらの方法である展示会の必要性はかなり高いことは確かであり、商品やサービスの紹介やアピールには欠かせません。

インターネットを使い簡単に消費者が商品やサービスを検索できるようになり、選択肢も増えたからこそ悩んでしまい本当に信頼できるのか吟味して考えるのは当然のことではないでしょうか。

その際に展示会ならば直接商品やサービスを手に取って感じることができたり、本物を目で見ることができるというのは大きな信頼につながることは間違いありません。

 

契約書の内容確認は必須ポイント

展示会のブースでは、自らアイデアを出し設置するまでのすべてを行うことは不可能というわけではありませんが、専門的な知識と技術も必要であり手間暇がかかります。

慣れない素人が作ってもクオリティが低くなってしまい、思っていたような商品やサービスのアピールにつながらないという事態になりかねません。

展示会の必要性が高いことは確かですが、多数の企業が参加するからこそ他社との違いを明確にし興味を惹きつける必要があります。

そのためにも専門業者に依頼して、ブース作成をしてもらうという選択をするケースが大半です。

依頼するとなれば数多くの業者の中から一つを選ばなくてはならず悩むことになりますが、以来時には必要となる書類のことも考えてしっかり準備しておくことでスムーズに話が進みます。

業者と契約をするということは、当然のことながら費用が発生するということであり内容を明確に取り決めた契約書が必須となります。

契約書は業者側が作成して準備をしてくれるので、サインをして提出すれば良いだけで手間はかかりません。

契約書は難しい内容だったり、何枚もあり読むのが面倒だと感じて読まずにサインをしてしまう人もいます。

しかし契約書に記載されている内容が全てであり、万が一トラブルやハプニングが起きた時には契約書の内容に従うことになります。

強い効力があるからこそしっかり内容をチェックして、納得できたからサインや判を押すようにしましょう。

 

見積もりとデザインも書類で残しておく

出展目的や企画内容、そして出展内容を照らし合わせながらどんなコンセプトのブースにするかを決定していくことになります。

業者に依頼する前に自社内で話し合って、ある程度大まかなことは決めておくというケースも多いのではないでしょうか。

話し合った内容は紙にまとめておくなどし、依頼先の業者にわかりやすく伝えることで意見の食い違いを防ぐことにつながります。

施工会社から見積もりを取る時には複数から取るようにしておくと、会社による違いを比較することができ会社選びの参考にできます。

もちろん金銭面の違いのみで判断するのは、施工に必要となる期間はどの程度なのかや信頼できる実績があるのかも考えて選ばなくてはなりません。

見積もりの内容が明確であり納得できてから依頼するべきということは、頭に置いておくように心がけましょう。

 

注意しておくべきポイントについて

業者に依頼すればそれで終わりと安心してしまいがちですが、展示会に出炭する場合には装飾会社届けや小間内電気使用量の申し込みを始め、様々な書類があり決められた期日までに事務局へ提出しなければなりません。

どのような展示会にも必須項目の提出書類がありますが、内容はそれぞれ若干の違いもあるので事前にしっかり確認をしておくようにしましょう。

業者に依頼しても必要書類の提出を忘れていたとなれば、当然展示会に参加することはできなくなってしまうので注意が必要です。

提出書類の内容に不備があれば、再提出を行わなくてはならず二度手間になってしまいます。

期限ぎりぎりとなれば、再提出が間に合わず出店できないということにもなるので余裕を持って提出するべきです。

業者の中には、提出書類の提出を代行申請してくれる場合もあります。

慣れているところに依頼することで、ミスも防ぐことができ手間もかからないなど様々なメリットがあることは確かではないでしょうか。

業者によりサービス内容には大きな違いがあるように、必要となる書類にも違いがある場合も多いので、何が必要となるのかチェックしておく必要があります。

自ら準備しなければならないのか、準備してもらったものにサインや判を押すだけなのかも聞いておくと、慌てずに準備を進めていくことができるのではないでしょうか。

 

展示会に参加し商品やサービスをアピールすることは今の時代でもかなり有効な宣伝方法ということは確かであり、顧客の集客にも大いに役立っています。

目を惹き尚且つ商品やサービス内容をわかりやすく伝えるためにも、デザインは重要ということは明らかです。

専門としている先に依頼することにより、クオリティが高いものに仕上げてもらえて良い結果に導いてもらうことができることは間違いありません。

依頼時には料金や施工期間、信頼できるサービス内容かを比較するのはもちろん大切です。

それと同時に必要となる書類を把握して起き、準備を進めていくことでよりスムーズにブース作成と展示につなげることができます。