Skip to content

展示会出展にはテーマが大事!業者は企画書を見て選ぼう

展示会というのは企業の製品をアピールするためのまたとないチャンスです。同じ展示会には競合する企業も多数出店するので、自分の会社の製品を最大限にアピールするために業者の力を借りることが大切です。お手製の展示は確かに手作り感があってよいのですが、製品をアピールするための激戦区であり主戦場ともいえる場所では、できれば業者に企画書を提示してもらい、テーマ性のある展示をすることで消費者に強力なプレゼンをすることが求められます。

展示会は企業の製品をアピール出来るチャンス

アピール力というのは販促にも直結するため、営業活動の一環として展示会に重点を置いている企業も多いため、ブースの魅力を最大限に引き出すことが求められます。業者を選ぶときには見積もりだけで選んでいるという会社も多いですが、アピール力から設営撤去まで全てが提示された魅力的な企画書を提示してくれるところに依頼することで、自社製品の販促につながるものだと言えます。

展示会ブースには設営内容によって価格が大きく異なります。会社の予算や力の入れ方によって大きく変わる予算をいかにうまく利用することが出来るかは、業者側の企画書がかなり大きな要素となってくるのではないでしょうか。納期をしっかりと守ってくれる場合には、企業側としても余裕を持って展示会に臨むことができます。予め会社側が用意するものもあるので、その場合には前日までにブーススペースが出来上がっていることが条件となります。納期をしっかりと守ってくれる場合には、それだけで信頼性が高く、次からも利用したくなるという所も多いものです。

業者の特性を見極めて業者を選ぶこと

業者と一言で言っても特性が大きく異なるので、テーマに合わせて見極めることが重要になります。ブース装飾を行う会社というのは多種多様であり、その特性に見合ったところへ依頼することが好ましいです。単純にデザインや価格のみで選んでしまうと、ニーズにマッチせずにあまり満足のいく結果を残せないこともあるので注意が必要です。

業者の特性としては、施工業者タイプでは社内に工場を持っているので、どんな注文にも応えてもらえる柔軟さがあります。職人気質のスタッフが充実しているので、納期内できっちりと仕事をすることから評価が高いのが人気の理由です。さらに、資材を工夫することによってコスト削減を図る事ができるため、予算が厳しいときにもこのタイプの業者に依頼すると低コストで満足度の高い展示会を実現してもらえるのです。

デザイナーを社内に抱えているところは、やはりデザイン性が優れているのが強みです。コストは掛かりますが、納得の行く展示会場にしてくれるとあって人目を引く展示を作り上げてくれることは言うまでもありません。施工に関しては外注となるので、低コストでの展示には適していません。テーマ性が強い場合や自社の新商品をとにかくアピールしたいときには、魅力的なブースにしてくれることは間違いないのです。ブランディングやビジネス領域までには行き届かない場合もあるので利用の際には目的をはっきりさせることが重要です。

最後に、広告代理店を利用する方法があります。あっと驚く企画書を作成してくれるものの、施工は外注なので全体的にコストは高くなります。

展示会の業者を選ぶ方法について

展示会の業者選びは、テーマ性をはっきりさせること、ブースにどれだけの予算をかけることが出来るか予めはっきりさせておくことが重要になります。コンセプトがしっかりしていなければ、業者への依頼を明確に提示することができないので、せっかくの展示会への参加の機会を得てもお客さまに魅力が伝わらずに終了してしまうなど、不本意な結果に終わってしまうことがあります。

だからこその企画書が重要になってきます。企画書がしっかりしていれば、展示会がぶれてしまうこともなく、自社製品やサービスを最大限いアピールすることが出来るのです。来場者のターゲットを見極めた上でブースのデザインを依頼しなければ、ターゲットとなる消費者を販促へと結びつけることは難しいものです。業者に提出された企画書が本当にターゲッティングに見合ったものであるかは、何度かミーティングを重ねることで業者を選んでいくことが求められます。

 

展示会は企業としてアピールするチャンスなので、そのチャンスを十分に活かすことが出来るようなブースを作り上げることが何よりも大切です。コンセプトを明確にすることと目的をはっきりすることは前提条件なので、それが展示会の成功を大きく左右すると言っても過言ではありません。業者選びのコツとしては、会社側の目的を汲んでそれをブースという形にしてくれることが重要になります。そのためには、まずは会社側で議論を重ねて目的やターゲッティングをはっきりさせて業者に伝えられるようにすることが求められるのです。