Skip to content
公開日:2019/01/01  最終更新日:2018/12/14

展示会を業者に依頼!ブースを作るときは人を引きつけることが大切

展示会では、多数の企業がブースを出展しており、そのほとんどは同じ業界でしのぎを削る相手、競合他社ということになります。

自社のサービスや商品に注目してもらえるように、会場内の他のブースよりも人をひきつけ、より関心を持ってもらえるようなブースの設計が必要です。

こんな時に役に立つのがブースデザインに長けたプロの展示会業者なのです。

 

業者だからできるデザイン性の高いブース

展示会に出展する企業の中には、自社のスタッフのみで設営から運営まで全てを完結させようとする会社も少なくありません。

確かにこの方法ならコストは小さく済むでしょう。

しかし、自社をいかにPRできるかを他社と争う場でもあるので、よほど広報や展示に精通した人がいなければ理想的なブースを作るのは難しく、出展自体が徒労に終わってしまいかねません。

展示会に訪れた人にとってはそこで見たブースがそのまま企業のブランドイメージになるので、訪れた人の目を引き、かつ自社の魅力を一目で伝えられるようなデザイン性の高いブースを作るのが理想的です。

プロの業者ならば、多数の展示会で実績を積んでいるためどのような企業でも的確に要望を汲み取り、ブースデザインに企業の特徴や強みを反映させてくれるでしょう。

ブースそのものの設計だけではなく、依頼すれば映像や動画も活用した視覚的なインパクトの強い展示にすることが可能なのも業者を利用する魅力です。

出展するサービスや商品に合わせて、最も効果的な見せ方を提案してくれるのは展示会で実績を積んできた業者ならではの強みと言えるでしょう。

企業によっては強力な広報関係の部署やお抱えのデザイナーが存在するケースもあるかもしれません。

しかしそれでも、展示会という特殊な場において魅力的なブース設置をするという点ではそれを生業としているプロには敵いません。

特に初めて展示会に出展するような企業であれば、業者に依頼するのが間違いのない選択となるでしょう。

 

安全性に配慮したブース設営が可能

展示会におけるブースの設営において重要なことは、デザインや商品の見せ方だけではありません。

軽視されがちなことですが安全性への配慮も大事なポイントです。

展示会のようなイベントには多数の人が来場するため、ブースの内容によっては参加した人が商品の体験等によって怪我をしたり極度の疲労やストレスを感じたりといったリスクへの対応が必要になる場合があります。

イベント会場でのブースにおけるトラブルは実際に何度も起こっているので安全対策という点でも、多くの展示会でブースの設営をしてきた業者に依頼するのが安心です。

また、来場者の身体的な健康に配慮することだけが安全対策ではありません。

これもブースの内容によっては、訪れた人の個人情報を取得するようなケースもあるでしょうし、自社の企業情報を書類やPC等に入れて持参することもあるでしょう。

個人情報や自社の機密などは、不特定多数の人が一度に集まる場では最も厳重に取り扱わなければならないものです。

情報の管理に関しては大きな企業でも展示会場などでは徹底されていないことも多く、気をつけなければならないとわかっていてもおろそかになりがちな対策なのかもしれません。

この点においてもプロの業者であればブースのセキュリティや展示する際のリスクマネジメントに長けているため、情報管理を任せることができます。

安全対策がちゃんと徹底されているかどうかは、見落としがちな点ですが万一のことが起こった際は企業の信用問題に関わる極めて重要な要素と言えるでしょう。

 

効果的で円滑な運営を任せることができる

展示会では魅力的なブースを設置することも大事ですが、それと同じくらい重要なのが現場を回すスタッフの力量、つまりブースを運営する能力です。

資料を配布したり参加者を誘導したりするのはもちろんですが、受付や商品のプレゼン、それらに付随するPCやプロジェクターの準備・操作など様々な役割が必要となり、これら全てを自社のスタッフのみで対応しようとすると大抵の企業は苦労することになります。

展示会は言わばイベントであり、普段の業務とは異なるイベントスタッフとしての動きが求められます。

参加者の整理誘導や機器の操作などに慣れていない、あるいはイベントならではの雰囲気や緊張感に気負ってしまうなどの理由でスタッフがあたふたしてしまい、結果的にブースに参加した人が落胆したりいらいらしたりすることはどんな会場でも必ず見られる光景です。

円滑な運営を実現したいなら、これも業者に依頼して出展サポートをしてもらうことが最大のリスクヘッジとなります。

イベントを回す仕事は想像以上に難しく、現場に慣れた業者でなければ理想的な運営は実現できない可能性が高いでしょう。

また、展示会の運営はイベント当日だけに限りません。

ダイレクトメールの発送など、顧客に対する事前の告知といった事務的な作業や広告を依頼することもできます。

自社で行う業務の負担軽減になるとともに、宣伝や集客といった広報の効果も期待できることも、業者を利用するメリットなのです。