Skip to content

展示会の設営業者を選ぶときのポイントとは

企業が展示会に出展する際に、ブースを設営します。ほとんどの場合、展示会装飾会社やデザイン会社等に依頼する事が多いです。
しかしどの業者に依頼しても、自分達の期待に全て応えてくれるという訳ではありません。選び方に失敗した為に、出展効果が期待するほど見込めなかったという事もよくあります。
その為、出展が成功するかどうかは業者選びによるところも少なくないので、注意深く選ぶ必要があります。

 

ワンストップで最初から最後までサポートしてくれる所が良いです

展示会に出展する場合、どのような業者を選べば良いかというと、ワンストップで初めから最後まできちんと対応してくれる所が良いです。企業が展示会に出展するとなると、色々な準備や段取りをしなければなりません。複数の業者にそれぞれの工程を分けて発注してしまうと、その発注や調整をするだけでも大変な労力と手間がかかってしまいます。

このような調整ばかりに追われてしまうと、良いブースを作る事は出来ませんし、雑務ばかりに時間をとられていると、せっかく展示会にブースを出展しても、アピール効果も十分出来ません。そこで、ある程度決まっているような準備や作業は、展示会の出展になれたプロに任せてしまうと良いです。しかも複数の業者に分離発注せずに、最初から最後まで全て責任を持ってやってくれる所に依頼する事が重要です。

しかし注意するポイントもあります。こうしたワンストップでやってくれる所は、自分達で見つけるのが難しく、たいてい代理店や仲介業者の紹介でようやく見つける事が可能です。その為、代理店や仲介業者が入ってしまう事で、準備に余計な時間がかかってしまったり、マージンをとられてしまい予想していなかった出費がかさんだりします。

他にも間に仲介者が入る事で、イメージや認識のずれを招く恐れもあるので、直接発注する事が出来て、なおかつ自分達の要望にも迅速かつ柔軟に幅広く対応してくれる所を選ぶ事が出来れば、時間を短縮したり、経費を削減する事にもつながります。

 

出展目的を理解してくれ、色々と提案してくれる所がおすすめです

業者が依頼した出展者の要望に合わせて展示ブースを作るのは当たり前ですが、だからといってずっと何か出展者が指示をしてくるのをずっと待っているような業者は止めた方が良いです。そこで選び方としては、ブースを作るプロとして、企画には積極的に参加して、依頼者が考えてもいないような事を色々と提案してくれる業者を選ぶ必要があります。

しかし提案の内容が、依頼者の意向とまったく違っていては意味がありません。ただ提案をしてくるだけの業者ではなく、きちんと依頼者の意向やコンセプトを理解した上で、臨機応変に対応してくれる所を見つけると良いです。もちろん依頼者の企業が出す要望が必ずしも効果的な演出とも限りません。その時は、あくまで依頼者の希望を優先しながらも、展示会を成功させる為に、より効果的なアイデアや、実現可能な案を提供してくれる所は信頼出来ますし、安心して任せる事が出来ます。

企業が展示会に出展する目的は、ただブースに人を集めるだけが目的ではありません。真の目的は、展示会を通じて自社の商品や製品の素晴らしさを出来るだけ多くの人に伝えて売り上げをアップさせ、さらには企業価値を高めていく事です。それにもかかわらず、その場でとにかくただ目立てば良いとか、印象的なアピールをするだけで終わってしまっては何の意味もありません。そうならない為にも、しっかりと出品者の目的を理解し、ビジョンを見据えた企画を提案してくれる業者と契約する事が大切です。

 

同じ担当者による一貫対応をしてくれる業者は信頼出来ます

設営業者に展示の依頼をすると、準備を一緒に進めていく上で、毎日担当者と顔を合わせる事も少なくありません。その担当者がどんなに素晴らしい提案をしてくれたとしても、業者側には担当者が複数いて毎日のように変わっていては、コミュニケーションがきちんと取れなくなり、次第にそれがストレスとなってモチベーションも落ちてしまいます。

そうならない為にも、担当者はずっと同じ人で、一貫対応してくれる所を選ぶと良いです。展示ブースを出展する場合、沢山の人が準備段階で関わる事になります。ここできちんとコミュニケーションが取れていないと、認識のズレや勘違いが生まれ大きなトラブルにもなりかねません。

しかし打ち合わせ段階からブースの撤収まで全て一緒に対応してくれる担当者がいれば、安心ですし作業の確認もしっかり出来ますしミスもなくなります。何より情報の共有もスムーズに出来るので、時間の短縮にもつながります。

せっかく担当者と時間をかけてようやく完成した企画も、いざブースを設営する段階になったら別の担当者がやってきて、最初から企画説明する事になったら時間や手間もかかり大変です。しかも前の担当者と上手く引継ぎが出来ておらず、新しい担当者がコンセプトをきちんと理解出来ずに、ブースを設営するとなると、企業が意図したものに出来上がらないという事もよくあります。こうしたリスクを避ける為にも、立ち上げから最後まで全て一緒に行動してくれる所を選ぶと良いです。