Skip to content

展示会業者に装飾を依頼するときのポイント

展示ブースの設営は展示会装飾会社やデザイン会社などに依頼するのが一般的となっています。
その際には業者選びが重要となっていて、業者選びによって出店効果が変わってしまうことも少なくありません。
今回は展示会装飾業者選びのポイントについて解説していきます。
展示会への出店を検討している方のお役に立つ情報になればと思います。

 

ワンストップでのサービスを行っているかどうか

展示会の出展には様々な準備や段取りが必要となります。
それぞれの工程を別々の業者に発注してしまうと、その発注や調整が大変になってしまうことも考えられます。
展示会では実際に展示するものの準備などもあるので、そういった業務はあまり手間のかからない状態にすることが有効となります。

そこでワンストップでのサービスを行っている業者に依頼することをおすすめします。
つまり、直接発注出来て一貫施工を行ってくれる業者に依頼することが有効となっています。
業者へアウトソーシングする際にはいろいろな業務を分けて発注するよりも、まとめて発注した方がトラブルなどの発生する恐れが少なくなります。
また、何かあった場合でもその解決への道筋が見えやすくなるというメリットもあります。

また、直接的に発注を行うことも重要です。
装飾会社やデザイン会社へは多くの方が代理店や仲介業者からの紹介でたどり着くケースが多くなっています。
しかし、そういった手順ではどうしても時間や費用がかさんでしまいやすくなります。
そこで直接発注出来て、出展の要望に迅速に応えてくれる業者を選ぶことをおすすめします。

昨今ではインターネットなどを活用することで直接での発注が難しくなくなってきています。
加えてシンプルな発注の方法が出来るケースもあります。
時間短縮やイメージや認識をそのまま伝えるという意味でも直接発注には利点があるのでおすすめです。

 

プラスアルファの提案をしてくれる業者

企業側としては装飾会社やデザイン会社には企業側から依頼をするだけというイメージがあるかもしれません。
しかし、装飾会社やデザイン会社は展示会のプロであるため、プラスアルファの提案をしてもらうことも有効です。
企業側が気づかなかったようなことにもアドバイスをもらうことが出来る場合も考えられます。
そのため、プラスアルファの提案をしてくれる業者を選ぶこともポイントになります。

特に初めて出店を行う際にはその点を重視することをお勧めします。
出店が成功するかどうかは少しのことで変わるので、業者からのアドバイスは重要となってくることが少なくありません。

また、明瞭でわかりやすい見積もりになっているかどうかも重要です。
出展にはいくつかの費用がかかります。
まだ出展をした経験が少ない状態の場合は予想外の費用がかかってしまうということもあります。
依頼をする側としては事前に見積書で費用を確認します。
会社によっては分かりやすい見積もりとそうでない見積もりがあるので、なるべく見やすい見積もりになっている方を選ぶことをおすすめします。

まずは簡単な見積もりを出してもらって、どの会社に依頼するかを検討することもお勧めです。
複数の業者から同じ条件で見積もりを取って、金額や内容をチェックするという方法もあります。
細かく質問をしても1つひとつ答えてくれる業者に依頼することで実際の出展の際にも、色々な質問をしながら進めることが出来ます。

 

出展目的を理解してくれるかどうか

出展には何らかの目的があると考えられます。
根本的には集客が目的となっているかもしれませんが、他にも目的があるという場合が多いです。
装飾会社側に出展の目的が理解してもらえなかった場合は有効なアドバイスをしてもらうことが難しくなります。

そこで出展目的を理解してくれるところに依頼することをお勧めします。
実際に依頼を行う際には担当の方と話しをすることになります。
その際に出展の目的を伝え、どんな反応をしてもらえるかを確認しておきましょう。
その際にどこまでアドバイスをしてくれるかが重要となります。

また、担当の方を変えないことも重要となります。
装飾会社の担当が代わる際には引継ぎがなされますが、1人の方が担当を続けてくれた方が安心出来ます。
そのため、担当の方が変わらない業者に依頼することをおすすめします。
装飾会社と話をする際には担当を続けるかどうかについても確認しておくのも有効です。

装飾会社に一度依頼をして、出展への準備が始まると会社を変えることが難しくなります。
そのため、最初の段階で自社にとって装飾会社が合っているかについて確認しておくことをおすすめします。

打ち合わせの段階から撤収にいたるまで現場で対応してくれる会社をおすすめします。
出展はその1度きりではなく、今後も続いていく可能性があります。
最初の出展では不明な点も多いかもしれませんが、そういったことも解決する会社がおすすめです。
成果にかかわってきます。