Skip to content

展示会の設営を業者に頼むときに注意したいこと


企業には、自社製品を他の企業やクライアントに対して説明するための場所が必要になります。
特に企業が新しい製品を発表するためには、その製品の性能や品質に関して具体的な内容を説明しなくてはいけません。
このために必要になる場所として、展示会が存在します。
マーケティングのためにも非常に大切になるものであるため、展示会の設置には相応の専門性が必要になります。

 

初めて展示会を設営する時にはノウハウが必要になる

展示会を設置するためには、そこに多くの人がやってくるだけの魅力的なポイントが存在しなくてはいけません。特に、企業が他のクライアントや他社に対して製品をアピールしたい場合には、わかりやすくて説明がしやすい場所の提供が必須になります。

しかし、実際に展示会を設置する時にはブースの設置などに関するノウハウをきちんと持っている企業がそれほど多くはないという事情があります。実際に、初めて展示会で出店したいと考えている企業も数多く、そうした企業にとっては展示会の設営や運営は初めての作業になります。

このようなノウハウの無さというのは、実はマーケティング上ではかなり不利な状況だといえます。製品やサービスを提供するときには、多くの場合で同業他社が存在します。同業他社が存在するケースでは、自社の製品が他の製品と比較してどれだけ優れているのかということを具体的に説明できなくてはいけません。

事実、マーケティングとして展示会を考える場合には展示会の運営方法を間違ってしまうとそれだけでマーケティングの観点からは見劣ってしまいます。ですから他の企業やクライアントに気に入ってもらうためには、ブース設営やスタッフ管理などもきちんと行われなくてはいけないわけです。こうした展示会のノウハウを持っていない場合には、ノウハウや実績を既に有している専門業者に相談をしてより良いマーケティングができるように準備をすることが大切です。

 

デザインにこだわりをもった業者を探すことが重要

展示会の設営で見逃されがちなポイントになっているのが、ブースデザインについてです。基本的に、展示会には多くのブースが存在しますが、その中には他のブースと異なったデザインになっているものがあります。同業他社と差別化を図るために、自社の製品やサービスを出店しているブースを特別なものにして工夫をしているわけです。

マーケティングでは、単純に人の目を惹きつけやすいデザインにするという手段がかなり有効です。他の企業やクライアントの目に入りやすいデザインにすることによって、製品をアピールする機会が多くなるからです。実際に、専門の業者の中にはデザイン性に特化して比較的自由にブース設営を行っているところもあります。デザインにこだわりを持つことで、同業他社と明確な差別化を図ることができれば、それだけ多くの企業やクライアントとコミュニケーションをとることもできるようになります。

また、こうした専門的な業者は展示会の説明を依頼する会社から相談を受けることで、好きなデザインで設営を行っています。デザインのデータを渡しておけば、そのデータを膨らませることで期待以上のブースにしてもらうことも夢ではありません。特に、製品やサービスの紹介に関して独自のポスターや資料作成を行おうと考えている場合には、独自のデザイン性を持ったブースを設置することで他との差別化をより強調することができます。こうすることで、マーケティングで他よりも1歩進んだ状況を作ることができるでしょう。

 

安くて良い設営ができるように業者を探そう

展示会では、安いコストで良い出店ができるように業者を探すことが大切です。こうした設営を行う時には、基本的に多くのコストが必要になります。ですから、業者に相談する時にはどのようなサービスで出店を行ってもらえるのかを検討しなくてはいけません。

例えば、低予算でブース出展を行っている業者の中には、下請け業者などに仕事を預けずに自分たちで全てサービスを提供しているところもあります。中間業者へのコストをカットしてリサイクル資材を利用することで、効率的により良い出店サービスを提供しているわけです。この場合だと、コストが低いにも関わらず見た目のデザイン性や運用管理などについてもレベルの高い状態を維持できます。

また、コストを抑える時には安全面をきちんと考慮しているかどうかという点も重要になります。展示会は、一時的に設置する施設であるためセキュリティの脆弱性が存在することがあります。万が一事故があった場合には、設営をした企業が責任をとらなくてはいけなくなりますので、この点に関しては十分に注意をしなくてはいけません。

そして、低コストで蔑ろにされてはいけない点がもう一つあります。それは、収集した情報をしっかりと管理してくれる業者であるかどうかという点です。個人情報や企業情報を取り扱うことがありますので、そういった情報管理をしてくれる業者でなくてはいけないわけです。情報管理を怠ってしまうと後々で大きなトラブルに巻き込まれることもありますので、これらの点に気をつけながら専門業者を探すことが大切です。