Skip to content

展示会運営でおすすめできる業者の特徴とは

展示会運営をするには、業者の存在が欠かせません。

計画から設営までをサポートしてもらうことができるため、多くの企業が展示会に出展する際に活用しています。

業者の数はとても多いので迷ってしまいますが、それぞれを比較検討して選べば、納得できる展示会にすることができるはずです。

そのため、おすすめの業者の選び方を知っておきましょう。

 

これまでの実績が豊富な業者はおすすめ

展示会の企画・運営を任せる業者としておすすめなのがこれまでの実績が豊富な業者です。

実績は一つの信頼されている証であり、実績が多いほど利用する企業に信頼されていることが分かります。

単に数をこなしているだけで満足されていなければ長続きしませんから、長い期間にわたって利用されているところなら信頼できるでしょう。

また、大手程利用する業者を吟味しますので、大手に選ばれているところは何かしら良いと判断されているので選ぶ価値があります。

業者のホームページを見ると、実際の取引先企業の名前や、設営した会場の写真を載せていたりしますので、こうしたことは評価できるポイントです。

そもそも嘘を記載すればすぐに問題になりますから、自発的に書かれている物でも信用して問題ないでしょう。

そして、それらを載せているということは絶大な自信を持っていることの裏付けでもあります。

選ぶのに迷った場合は、コンシェルジュが定評のある業者の中から選んでくれるサービスを活用するという手もあります。

これは自分では選べなくてもヒアリングしてコンシェルジュがおすすめを提案してくれます。

ネットから無料で申し込みできるところもありますから、もし迷ったら活用してみると良いでしょう。

もちろん提案されたからと言ってそこを利用しなければならないわけでもありませんので、気軽に問い合わせても問題はありません。

 

ニーズによってふさわしい提案をしてくれるか

展示会に出展する企業の目的は様々です。

宣伝や広報を目的としてアピールするために出店していることもありますし、実際にそこで受注をして直接の成果を上げることを目的としていることもあります。

それぞれ来場者に対して行うべきアプローチが異なるので、それにふさわしい方法を提案してくれるかが重要になります。

実際にどのような提案をしてもらえるかは見積もりで判断することになりますが、問題は自分でそれが目的に合っているのか判断することが難しい点です。

そこで、見積りを出してもらった時にこれはどのように効果的なのかを質問しましょう。

それに対して明確な答えを示すことができて自分も納得することができれば、ふさわしい提案をしていると判断することが可能です。

もちろんここでの説明が必ずしも的確とは限りませんが、その場合は別の要素も加味して選ぶと良いでしょう。

多くの実績がある業者であれば、これまでの経験を活かしてアドバイス、提案をしていると判断できますので、選んでも失敗しにくくなるはずです。

あとは口コミに関してもネットで多く見られるため、情報を集めるのに苦労することはありません。

そして見積もりは無料で行っているので、比較して比べたい場合は複数の業者に見積りを出してもらいましょう。

 

こちらの要望を伝えてそれに合わせて提案してくれるか

依頼する企業にも要望があるはずですが、それを伝えた後に要望に合わせて提案をしてくれるかどうかも重要です。

例えば、限られた予算内で行いたいというのに対して、提案が限られた予算をオーバーするようでは意味がありません。

もちろんこれは極端な例で、実際は予算を伝えればそれに合わせてくれるはずですが、手抜きをしているところは予算だけを納めて中身は不十分な提案をすることもあります。

手抜きかどうかは見積もりを見れば素人でもある程度は判断できるため、やはり一度見積もりは出してもらうべきでしょう。

企画運営施工をトータルでやっている業者はこの辺は強いです。

なぜなら、一体してやっているので外注コストがかからないので費用を抑えることができるほか、部署ごとの連携もしっかりしているため意思の疎通がうまくいかないで失敗することも防げます。

また、責任の所在も明らかであるため、失敗しないように最善の努力を尽くしてもらえますし、何かあったときにも対応してもらいやすくなります。

したがって、一体して扱っている業者もおすすめすることができます。

いろいろな選ぶ基準がありますが、最終的には依頼する側が納得できる提案をしてくれるかが重要になります。

そのためには最初に目的を伝えて提案をもらうことになりますが目的は明確にしておくと良いでしょう。

この辺があやふやになってしまうと、業者の方も提案をするのが難しくなってしまうので、優良なところでも最適な提案ができない場合があります。