Skip to content

展示会業者はデザインなどトータルで提案してくれる?

日本ではさまざまなイベントが開かれていて、それに参加することで、会社の取り扱う品物(サービス)を世間に向けてアピールできます。

せっかく、お金をかけてイベントに参加するのですから、しっかりとした展示会ブースを用意しなければいけません。

そして、宣伝効果の高い展示会ブースのデザインなどを業者に頼んで作成してもらうことが可能です。

 

 

トータルでデザインして欲しいなら対応するところに

展示会を作ってくれるところはいくつもの種類があるため、どこに頼んでも提案をお願いできるわけではありません。業者によっては機材のレンタルだけであとは何もしてくれないケースもあります。

費用を節約したいのなら、そのようなところに頼むのがベストでしょうが、宣伝効果が欲しい場合はミスマッチです。もしも、デザインから何からすべてお任せしたいのなら、それをおこなう業者を探す必要があります。

各業者は、ほぼ間違いなくホームページを開設しているので、そちらに目を通せば、何をやってくれるのかすぐに分かります。なお、インターネットで検索すると、いくつもの業者が見つかるため、その中から展示会ブースを任せるところを選定しなければいけません。

その場合は、予算を考えるよりも、デザインがどのようなものか気にしましょう。安くても、いまいちなデザインしかおこなってくれないところなら、せっかくのイベント参加が失敗に終わってしまいます。

デザインでふるい落とすために、まずは各ホームページにある作成事例を見てみましょう。そうすれば、実際にイベントで活用された展示会ブースを見られるので、好みのデザインをしてくれるところを探せます。

いろいろなホームページを見て、比較をし、頼みたい候補を少数まで絞り込むようにしましょう。

当たり前ですが、イベントを開く会場のエリアに対応しているところでなければいけません。話が進んでから、気がついては悲惨なことになるので、連絡する前に対応地域をチェックしておきましょう。

 

提案と見積もりをもらってから検討する

頼みたいと考えるところが見つかったのなら、スタッフと打ち合わせをして、どのような展示会ブースにしたいのか伝えましょう。コンセプトや大まかなイメージなどを伝えれば、それを基にしてデザイン案を書き上げてくれます。納得できるまで修正してもらえるので(回数が決まっている場合も)、宣伝にベストな提案をもらえるまで、しっかりと打ち合わせをしましょう。

もちろん、どのような見せ方をすれば、宣伝効果が抜群なのか分かっているため、知識や技術を最大限に活用した提案してくれます。デザインを含めたトータルの提案に納得できれば、それを実現するために必要な費用を見積もってもらいましょう。そして、提示された金額に納得できたのなら、そのままイベントに向けて仕事を頼むことになります。

しかし、納得ができないのならば、もう一度スタッフと話をして、予算内に収められるように交渉してみましょう。交渉が無理だったのなら、ほかの業者にデザイン案を作ってもらうところから、もう一度やり直すことになります。そのために、いくつかの候補を残していたのですから、次ぎによいと思ったところに連絡を取りましょう。

ちなみに、見積もりをもらうまでの作業ならば、無料でおこなってくれる業者がほとんどです。相手の時間を無駄にしたことに罪の意識を感じるかもしれませんが、ビジネスなので気にせずに断りましょう。ただし、『結局、最初のところがよかった』となる場合もあるので、丁寧な断り方をするのが大切です。

 

展示会ブースの設置や撤去について聞いておこう

イベントで展示会ブースを利用するのなら、設置と撤去のことも考えておかなければいけません。しかし、展示会ブースの施工を頼める業者ならば、設置や撤去にも間違いなく対応しています。

ただし、立ち合いの有無は頼むところによって、変わるため確認しておきましょう。設置も除去も立ち合いなしでおこなってくれるのなら、余計な手間をかけずにイベント本番を迎えられます。

もちろん、施工後に、注文をしたイメージ通りになっているかどうかの確認はおこなえるので安心しましょう。もしも、修正して欲しいポイントがあったのなら、その場で伝えればすぐに対応してくれます。

 

製品やサービスを宣伝するためにピッタリな展示会ブースは、選ぶところさえ間違わなければ、実現させることが可能です。宣伝を盛り上げるために必要なトータルな提案をしてもらった上で、仕事を依頼するかどうか決められるので、もっとも信頼できる業者を見つけましょう。

これからもイベントに参加し続けたいと考えるのなら、イメージ通りの提案をしてくれるところは貴重な存在となります。一度巡り会ってしまえば、あとは同じところに頼めばよいだけなので、努力をして理想の業者を探しだしましょう。